カウンセリングのグループワーク(もう一つのカウンセリング方法)

他人がいても気にならないカウンセリング。
それがカウンセリングの「グループワーク」

「グループワーク」

通常、カウンセリングは「カウンセラー」と「クライアント」の「1対1」という形式で行われます。
当然そこに、観衆はいません。

ところが、敢えて観衆の前でカウンセリングを行うという手法があります。
それを「グループワーク」と言います。

8:00 ~ 20:00 くらいまで行っています。

《 メリット 》

・人の目が気にならなくなります。
・自信がつきます。
・人と関わるハードルが下がります。
・自分の中の潜在的な問題に気が付きやすくなります。
・グループワーク体験後、自分自身の変化が目に見えて早く起こります。 等

 

参加する時間帯をお知らせ下さい。 

📍1

 ・9日(祝) ・15(日)  ・22(日) ・28日(土)

📍2月 

 ・5日(日) ・19日(日) ・25日(土) ・26日(日)

<費 用> ¥6,200(税込)
ワーク開催時にお支払い頂きます。
<場 所> office HAYAKAWA カウンセリングルーム
<お問い合わせ>
メール pokapoka516@icloud.com

オンライン(Skype)での参加も可能です。

ファシリテーター早川は、以下の内容についてお約束致します。

私は、クライアント様と私の気持ちの両方を大事にします。

我慢を手放し、自分の気持ちを素直に表現し、自分のしたい様にする事を勧めます。

自分の言動によって起こった周りからの反応を受け止める事を勧め、その中で起きる反応を受け止めます。

未完成な自分、早く進もうとしない自分を否定しないよう促します。

自分や他者を悪者にする結論にならないよう促します。

自分の気持ちや言動に、良し悪しを決めつけないよう促します。

クライアント様には、自分も周りも責めず、周りと協調し合う関係性を目指すよう促します。

私は、「自由」「楽」「自発性」「冷静さ」「自己実現」「自己肯定」「経済的自立」の方向に向かう意志を持ったクライアントさんと向き合います。

自分を急かさず、自分のペースで歩む事を己に許すよう促します。

自分の感じる事、考える事、行動する事全ては、自分のものであり、自分のしている事を自覚し、クライアント様のものと区別します。

 私たちは、その場の空気、言葉、行動による攻撃、コントロール、脅しの類を暴力と見なし、改善の変化が見られない場合、即退室を伝えるか、今後ご予約・参加のお断りをする等の処置を行い、暴力を排除するスタンスを守ります。

 私たちは、クライアント様の中に、暴力から自分の身を守る意志と暴力に屈しない精神力が育つよう促します。

 

24時間予約システム
お問い合わせフォーム